あきゅらいずの肝!草根木皮たまりの効果がすごかった

「シンプルでありながら贅沢」をスローガンに美養品開発をしてるのが、あきゅらいずさんです。

そのあきゅらいずの多くの商品に配合されているのが草根木皮たまりという成分。

とろーりとした粘度の高い黒い液体。

実はこれ、東洋ハーブを水抽出という方法で濃縮したエキスです。

東洋ハーブって言ってしまえば漢方のことですね。

あきゅらいずは東洋医学の観点からお肌にアプローチしようってわけです。

今の社長さんが本場中国まで赴き、向こうの研究者と協力しながら、日本人の肌に合う東洋ハーブを10種類厳選してきたらしいんです。


この草根木皮たまりは、肌本来の自然治癒力を邪魔することなく、適度な潤いとツヤ感を与えてくれます。

  • 優しい洗顔料・泡石
  • 洗い流すマッサージパック・優すくらぶ
  • オールインワンクリーム・秀くりーむ

のどれもに使われています。

また別商品である、きのねというシャンプーにも使われているようです。

もちろん草根木皮たまりだけでなく、セラミド、スイゼンジノリ、ハチミツ、オリーブ油といった他の保湿成分もたっぷり。

30歳以上の乾燥肌の女性をメインターゲットに、お肌を潤すことに特化したスキンケアができるようになっています。

外側だけじゃない、内側からもアプローチ

評価も上々で、口コミサイトであるアットコスメでの評価平均も高め。

ただ、脂性肌など皮脂が多めの女性の評価は厳しめみたいです。

メインのスキンケア商品は、泡石・優すくらぶ・秀くりーむの3つですが、サイドアイテムも充実しています。

例えば、

  • 肌の角質除去をサポートする、あきゅ式クレンジング
  • 乾燥した場合のお助けマン、すきんおいる
  • 肌に優しいパウダー、玉粉肌

といった、スキンケア品も取り扱っています。

他にも、先ほど挙げたきのねシャンプー、ねむりをサポートするおやすみミスト、はみがき粉といった生活に密着した製品が多いのも特徴ですね。

食のサポートもあって、ホームページでは薬膳料理のレシピを公開していたり、森の食堂という社員食堂を一般の人にも開放しています。

健康なお肌には、質の高い食も睡眠も欠かせないですからね。

単なるスキンケアのみならず、生活に密着した観点からのスキンケア。

あきゅらいずが目指しているものが少しわかった気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする